玉露茶を究極においしく頂くための淹れ方とは

緑茶の淹れ方の一つに「しずく茶」というものがあります。
しずく茶は、「玉露」と呼ばれる煎茶を究極においしく頂くために考案された淹れ方です。
少量の低温湯でゆっくり時間をかけて茶葉を蒸し、緑茶の「エキス」を抽出して、一滴のしずくに旨味を凝縮させます。

茶葉とお湯を直接「茶器」の中に入れて蒸し、蓋をずらして隙間から頂くのが、しずく茶の飲み方です。
茶葉5g(小さじ2杯)を蓋付きの茶碗に入れ、50〜60度のお湯を茶葉が浸る程度に注ぎ入れ、1分〜1分半蒸らします。
飲む際は、茶碗を手に取り、口元で蓋を開け、玉露の香りを楽しんでから、お茶をすすります。

しっかりとエキスが抽出された玉露のしずく茶には、甘みと旨味の主成分と言われる「テアニン」が豊富に含まれます。
テアニンはリラックス効果を期待できるので、しずく茶は日常生活で感じるストレスを緩和してくれると言われているのです。

今後、玉露を飲む時は、「しずく茶」を試してみては如何でしょうか。銀座カラー 予約