温泉旅館に泊まり、今日は宿泊の2日目でした!

急遽、温泉旅館に泊まりに行くことにし、準備もあまりしないまま、旅館まできてしまったので、着替えなどを調達しに行くことにしました。
旅館から少し離れたところに、少し栄えた駅があるらしく、そこにショッピングモールがあると教えてもらったので、そこへ行きました。
ショッピングモールは、確かにありましたが、結構みんなきているみたいで、どこよりも混み合っていてビックリしました。
簡単な着替えだけを買い揃えて、家族でTシャツをお揃いにしたりと、久しぶりにみんなでお洋服の買い物に行って、楽しかったです。
そしてそのまま今日は観光することにしました。
森林浴や、少し奥に昔のお城なんかもあるので、旅行雑誌を買い、行きたいところをピックアップして、出かけました。
まだまだ明日もお泊まりできるので、今日と明日に分けて、行きたいところすべて回ろう!と言うことになりました。
家族での久しぶりの旅行なので、みんなで楽しめて、いい思い出になりました!コスモウォーター 費用

毎年、お中元のカタログを見るのが大好きです

食いしん坊の私は、パソコンで食べ物関係のネット記事を観るのが大好きです。
今なら、ネットでお中元のページも素敵です。
以前は紙のカタログをめくるのも好きでした。最近は、コンビニのお中元カタログも見ごたえがあっていいですね。
ひんやりデザート系、海の幸系、お肉系、見るだけで幸せです。
いつも、夫婦お互いの実家に贈る程度なので、お中元商品情報をそこまで熱心に集める必要はないのですが・・・。
既に”無料の読み物”として楽しむという、一つの形になっています。
痩せたいという願望がありつつ、食べることにここまで執着するようでは、なかなか正しい行動は起こせないものですよね。
行動で結果が生まれるというので、いつまでも私の痩せたい願望は口先だけで終わるという残念な結果が続いています。我ながら、納得です。
年がら年じゅう、美味しいものの情報で溢れている平和な毎日が、幸せです。
そう、お中元だけでなく、お歳暮もあれば、バレンタインデー、ホワイトデー、母の日、父の日などなど、感謝ですね。

夏の風物詩・ししとうの豆知識をご紹介します

昔はあまり流通することがなかったものの、今では食卓に上ることが珍しくなくなったししとう。正式には獅子唐辛子という名前で、ピーマンと同じく辛みのないとうがらしの仲間です。ししとうの実の先端がくぼんでいる様子が獅子の頭に似ていることから、ししとうと呼ばれるようになったそうです。焼く、煮る、揚げるなどといった様々な調理法があり、焼いて塩を振っただけでおいしく食べることができます。ただし、ししとうには極端に辛いものが紛れ込んでいる場合があります。これは生育時に刺激を受けて辛み成分が大量に作られたことが原因です。こればかりは見た目では分からないので、辛いししとうに当たってしまった場合はビールで流し込んでしまうのが1番でしょう(笑)また、ししとうはそのまま加熱すると爆発する時があるため、特に揚げる場合は小さな穴をつまようじで開けることをおすすめします。これから熱くなる季節、ししとうはビアホールなどでよく見かけるようになります。夏の到来ですね。