先日靖国神社にお花見に行ってきました。ちょっと早かった

開花宣言から数日後でしたので、まだ二分咲きまでいっていない状態でした。どういうわけだか、靖国神社の外にある街路樹の桜の木の方がしっかり咲いていました。気候の変化なんてない筈なのに非常に不思議な感じを受けました。参拝をすませ、咲いている桜の木をほうぼうさがしてシャッターを切りました。満開の桜もいいですが、こうやってちょっと咲いている桜もいいものだと思います。

今年は、初詣はこれませんでしたので花見をするという事で訪れました。3月にしては陽気もよく暑くてしんどかった。朝はまだ寒いので厚着をしている状態で、とことこ歩いていると汗がしたたり落ちていく。休憩所に入って涼んでいると、団体客が沢山きました。靖国神社はただの神社ではなく、観光地としても海外の人に知られているようで、外国人も桜を目当てだけではなく靖国神社そのものに興味があるようで、パール判事の銅像をみたり様々な展示物にも興味があるようでした。来年は初詣に行きたいと思いますキレイモ 脇だけ